HOME > JMDCデータベースの特徴 > 保険者データベース

保険者データベース

概要

JMDC保険者データベースは、健康保険組合に所属する加入者の台帳、加入者が医療機関を受診した際に発行される全レセプト、健康診断結果で構成されています。

img_payer_1.png

医療機関より発行される全てのレセプトは健康保険組合へ集約されるため、患者が受診医療機関を変更しても、診断や治療を追跡することができます。

また台帳情報により、レセプトが発生しない健康な加入者も含めて分析可能です。

カバーする保険者の範囲

複数ある保険者のうち、健康保険組合に所属する本人と家族をカバーしています。

img_payer_2.png

​ご提供するデータの種類

加入者台帳データ、健診データ、レセプトデータをご提供します。
全てのデータが加入者一意のIDで連結します。

img_payer_3.png
img_payer_4.png

活用実績

JMDC保険者データベースは製薬企業、医療機器メーカーを中心として、研究開発、メディカル、マーケティング、安全性など幅広い部署で活用頂いています。

また、信頼性の高いデータベースであることから多数の医学論文でも活用されています。