HOME > JMDCデータベースの特徴 > PHRデータベース

PHRデータベース

概要

JMDCのPHRデータベースは、ヘルスデータプラットフォーム「Pep Up」を導入した健康保険組合より、加入者台帳、レセプト、健康診断データ、PHR(バイタルデータ、疾患スケールなど)を収集することで構築されています。

img_phr_1.png

Pep Upとは

レセプトデータ、健康診断データ等を元に、加入者一人ひとりの健康状態に即した情報配信を行う健康保険組合向けヘルスデータプラットフォームです。

pep_up1.png
pep_up2.png
pep_up3.png

Pep UPの登録者は被保険者が中心となりますが、幅広い年代をカバーしています。

pep_up4.png
pep_up5.png

ご提供するデータの種類

Pep Upやウェアラブルデバイスから収集した、Patient reported outcome、アクティビティ、心拍数、睡眠時間などをご提供します。また、Pep Upの加入者に任意のアンケート調査を実施し、それらをレセプト、加入者台帳、健康診断結果と紐づけてご提供することも可能です。

ウェアラブルデバイスデータ例

種類

取得項目

img_phr7.png